親知らずが気になっている方のための情報サイト

親知らずを抜糸する最適なタイミングとは

親知らずの基礎知識

現代人は忙しさのあまり、なんとなくお口の中に違和感があっても、なかなか歯医者さんに行けないという人も多いのではないでしょうか。
定期的にかかりつけの歯医者さんに通うのが理想的ですが、現実的にはメンテナンスのための通院は忙しいと後回しになってしまいます。
実際に歯茎の痛み、腫れ、奥歯の痛みなどが出て来て、もしかして親知らずかもしれないと思っても、どうすればいいかわからないという方のために親知らずについての情報をまとめてみました。
少し違和感があるくらいだと思って、放置していると痛みがより強くなる可能性があります。

また、親知らずが生える年齢はさまざまです。
一生親知らずが生えてこない人もいるという話も聞きます。
周りの人が親知らずの話をしていて、自分はいつ生えてくるのか、生えてきたらどうしようと不安になっている方もいるかと思います。

実際にはまだ親知らずが生えてきていない人も、将来のために親知らずの知識は持っておいたほうがいいです。
親知らずや親知らずの抜歯は、痛い、大変、というイメージをお持ちの方も多いでしょう。
歯が痛み出してしまったときに焦らないように、事前に知識を身に着けておくことは大切です。

まず、親知らずとはどのようなものなのかを確認します。

次に、親知らずになったときの対処方法についてです。
気になる抜歯方法についてもご説明します。

最後に親知らずの抜歯の適切なタイミングについてです。
親知らずはそのままにしておいてもいいものなのか、すぐに抜歯したほうがいいのかについてまとめます。

親知らずが気になる方必見の基礎知識

親知らずは生えてくる時期も人それぞれで、生えてこない人もいます。 なんとなく歯茎が痛い、腫れている感じがする、奥歯が痛いなどの症状が出ている人は、親知らずが生えてきているのかもしれません。 そもそも親知らずとはどういうものなのかをまとめてみました。

親知らずを抜歯する方法

親知らずは抜歯するのだということを聞いたことがある人は、多いでしょう。 しかし、どのようにして抜歯するのかを知っていますか? 歯を抜くというと、怖い、痛そう、というイメージがありますよね。 現在では、なかなか普通の歯は虫歯になっても、抜くということはしません。 親知らずの抜歯方法についてまとめます。

親知らずを抜歯するのに適切なタイミング

親知らずは、すぐに抜いたほうがいいという話も聞きます。 しかし、そのままにしておいてもいいとも聞きます。 実際には、親知らずを見つけたらいつ抜いたらいいのでしょうか。 他に何かいい対処法はあるのでしょうか。 抜歯の適切なタイミングについてご説明します。